かぼちゃの悪魔

かぼちゃのかぼちゃによるかぼちゃのためのブログ

日本かぼちゃばなし 9

~前回までのあらすじ~

派遣畑に登録したカボタンは、パプリカお姉さんに身を任せた結果、外資系畑の採用試験を受けることになりました。



カボタンは指定された日に外資系畑を訪問し、畑説明と簡単な筆記試験を受けました。

カボタンと一緒に試験を受けたのは、超絶美人(美野菜)のニンジン女子でした。

彼女の名前はキャロライン。キャロラインは純国産でしたが、その魅惑のフォルムはまるでハリウッド女優のようでした。


(こんな美野菜も受けにくるのか…さすが外資系だなぁ…)


試験終了後、エレベーターでキャロラインに魅惑の悩殺スマイルを向けられたカボタンは、緑の顔がほんのり桜色に染まるのでした。


そしてそのわずか30分後、外資系畑からカボタンの携帯に電話がかかってきました。

「あ、外資系畑の人事です。カボタンさんですか?先程はありがとうございました。筆記試験に合格されましたので、明日にでも面接に来て頂けますか?」


(スピード感マジパネェな…)


カボタンはそう心の中でツッコミました。


(続く)