かぼちゃの悪魔

かぼちゃのかぼちゃによるかぼちゃのためのブログ

外資かぼちゃばなし 6

~前回までのあらすじ~

傷だらけの戦士となって闇の国から還ってきたカボタンは、オッコトヌシ…ではなく変態紳士達と共にありったけの夢をかき集め、新たな世界グランドラインを目指し旅立つのであった。



今日はいよいよ、外資系畑の入畑日です。

この日までアプリでひたすらチャットをしながら菌類として過ごしていたカボタンですが、キノコのような髪型も少しはマシになっていました。

カボタンは慣れない白シャツを着て、久々に外の空気を吸い、外資系畑に向かいました。


朝9時ちょっと前にオフィスに到着したカボタンは、緊張した面持ちでインターフォンを鳴らしました。すると中から綺麗なお姉さんがにこやかに現れ、カボタンを高層階にあるガラス張りの部屋へと案内しました。


「こちらで少々お待ち下さい。同僚の方は既に中にいらっしゃいます」


お姉さんはそう言うと、華麗に去っていきました。

カボタンが部屋に入ると、そこにはキャロライン(日本かぼちゃばなし 9 参照)が座っていました。カボタンとキャロラインは互いに自己紹介をしました。

研修が始まるまでの間少し時間があったので、2人(2野菜)は互いに前職のブラックな話題で大いに盛り上がるのでした。


しばらくして、上司となる男性達が順番に研修を行いました。談笑もありつつ終始和やかなムードで時間は過ぎ、あっという間に1日が終わりました。


「お疲れ様でした。それじゃ、また明日会いましょう。今日は初日だったから疲れたでしょう。今夜はゆっくり休んで明日に備えてね」


その男性は爽やかな笑顔でそう言い、部屋から颯爽と出ていきました。とても緑々しい葉っぱをしていました。

カボタンがふと時間を見ると、ぴったり午後6時。


「えっ、まだ6時?!」


カボタンは感動のあまり目(芽)から汁が出そうになりました。

そして、あのブラック畑で受けた地獄のような研修を思い出すのでした。




ーーいいですか、テストに合格しなければクビよ、クビ!そんなの当然でしょう!いいですか、この間パートさん達の研修をしたときはねぇ、1人でも不合格者がいたら連帯責任で全員クビ!って私言ったのよ。そしたら皆寝る時間も削って必死になって特訓していたわ!そしてね、最後に皆で一緒に合格した時はもう全員が号泣したの!本当にあれは感動モノだったわ~。いいですか?その点あなた達には連帯責任は無いんだから、まだ甘い方なの。だから感謝して必死にやりなさいよ!ーー


専務のロマネスコ夫人(日本かぼちゃばなし 5日本かぼちゃばなし 10 参照 )にそう脅されていた新人(新野菜)達は、血眼になって準備に取り組むしかありませんでした。

ブラック畑で行われた研修は朝6時~夜9時にまで及びました。

時には朝5時半から雪掻きが始まり、午前中で既に皆ぐったりとしていました。

研修が終わった後も、無意味な感想文やテスト勉強や課題に追われていたため、休む暇は一切ありませんでした。

寮の1部屋あたり約7~8野菜が詰め込まれ、風呂(洗い場)も1つしか無かったため、全員が入り終わる頃には夜中の2時を過ぎていました。

就寝時は雑魚寝(雑草寝)を強いられて良く眠れず、睡眠時間が2~3時間しか取れない日々が1週間続き、中には頭がおかしくなって逃亡し音信不通になる野菜も出てくるほどでした。

野菜達のストレスは凄まじく、捌け口は夜中に皆で愚痴を吐くことぐらいでした。当然、カボタンの皮もボロボロになりました。

それでもロマネスコ夫人は追い討ちをかけるように、心無い言葉を皆に浴びせるのでした。


ーーお客様の前で肌荒れ(皮荒れ)した姿を見せるなんて、もってのほかよ!心が綺麗でないと外見も醜くなるの!私の皮を見てごらんなさい。ツルッツルのすべっすべ、少しも荒れてないでしょう?ーー


カボタンは研修が終わるまで、汁が出ないよう耐えて耐えて耐え忍ぶしかありませんでした。




「キャロラインさん…私、こんな平和な畑、こんな穏やかなfieldがあるだなんて、今まで全っ然知らなかった!だって、だって、ずっと、この椅子に座ってて良いなんて感激です!しかも、washroomにも自由に行けるし!凄くないですか?!こ、これは…君がくれたキセキってヤツですか?」

「カボタンちゃん、なんか喋り方おかしくなってるわよ」

「あっ、すみませんついexcitedしちゃって…でもでもbut、飲み物だって研修中もこうして自由に飲んで(吸収して)良いなんて、信じられません!私今とても幸せです!」

「幸せ感じるハードル低いな(笑)カボタンちゃん、あまりにも過酷な労働環境に身(実)を置いていたせいで、感覚が完全に麻痺しちゃったのね…」

「それに!定時で帰れるなんて、有給休暇が取れるなんて、そんなの都市伝説か幻かillusionかと思ってました!」

「確かに…休めるのは魅力的だよね」

「魅力的ってもんじゃない!これは天国っ…あっ!」ゴロンゴロン

「キャー!!カボタンちゃん、大丈夫?!」


カボタンは興奮のあまり階段を踏み外すのでした。



(続く)

外資かぼちゃばなし 5

~前回までのあらすじ~

カボタンは野菜室の大掃除をしていたはずでしたが、いつの間にかスマホでチャットを始めました。一体いつになったら外資系の話が始まるのでしょう。



中学、高校の英語テストはそこそこだったカボタンですが、残念なことに英会話に関しては幼稚園児以下レベルでした。

しかし、ブラック畑から傷だらけの野菜戦士となって還ってきたカボタンに、もはや怖いものはありません。

カボタンはGoogle翻訳に頼りながらも、世界中の農産物達とのコミュニケーションを試みました。

それはまるで、全裸で油虫の大群に突っ込むようなものでした。


とあるチャットアプリでは利用者が完全に匿名で、相手の産地、年数、性別、顔も何もかもが不明という、どう考えても不信感しか生まれないシチュエーションが用意されていました。

そこではランダムに選ばれた知らない農産物と強制的にチャットが始まり、相手のことが気に入らなければ会話を即遮断することも可能でした。

変わり者のカボタンは、このアプリのシンプルさと匿名性と潔さに魅了され、しばらく利用してみることにしました。


ある時はアメリカ産、またある時はイギリス産、ハンガリー産、イタリア産、インド産、ドイツ産、シンガポール産、インドネシア産、ドバイ産…等々。

野菜に限らず穀物、果物、イモ、キノコ達とも話すきっかけを手に入れたカボタンは、今まで自分が知り得なかった世界を垣間見ることができました。


(私って、井戸の中のかぼちゃだったんだな…)


ほぼ毎日、世界中の農産物達と交流していく中で、カボタンはあることに気がつきました。


それは、

このアプリを利用する約90%が男であり、

その中の約5%は紳士であり、

残りの約95%は変態であるということ。


あの『植物変態論』を唱えたヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテJohann Wolfgang von Goethe、1749年8月28日 - 1832年3月22日)もビックリです。


そんなわけで、カボタンはネット上に蔓延る多国籍(多国産)変態紳士達のおかげで、下ネタを中心に語彙力をぐんぐん伸ばしていくのでした。


(続く)

外資かぼちゃばなし 4

~前回までのあらすじ~

髪型に大失敗したお茶目なカボタンは、しばらく菌類として引きこもり生活を送ることにしました。



外資系畑に入畑するまであと2週間。

カボタンは早く髪が伸びるように祈りを捧げながら、日光浴と光合成を毎日欠かさず行っていました。


「それにしてもヒマだなぁ…」


熱しやすく冷めやすい性格(性質)のカボタンは、あれだけ憧れていた「ていねいな暮らし」や「オーガニックライフ」に早くも飽き初め、元の野菜生活に戻っていました。

TV、漫画、映画、SNS等々、思いつく限りの時間潰しを試みたカボタンですが、こちらも数日と持ちません。

クライマックスに向けて怒涛の展開を繰り広げては視聴者を置いてけぼりにする韓国の王宮ドラマを全60話コンプリートしてもなお、時間は有り余っていました。


何もしない時間が耐えられなかったカボタンは、とうとう野菜室の大掃除を始めました。

一度掃除を始めると完璧にやらねば気が済まないカボタンでしたが、しばらくして野菜室の奥から高校時代の懐かしい写真を見つけると、ふとその手(つる)を止めるのでした。

それは、高校の研修でオーストラリアに行ったときの写真でした。


「うわっ!若っ!この頃の私、まだまだ青いな~」


初の海外で、英会話力ほぼゼロの状態で2週間ホームステイをするという、やや無謀な挑戦をしたカボタン。

16歳のカボタンがあの時感じたカルチャーショックが、ふと蘇りました。



ホスト野菜ファミリーと会話が成り立たず、あまり馴染めなかったこと。

英語が絶望的に聞き取れなかったこと。

人前(野菜前)に出ると頭が真っ白になり、カオナシの如く「ァ…ァ……」としか発することができなかったこと。

BBQで酔っ払った高校生達が目の前で接吻(受粉)を始めたこと。

紫外線が強すぎて皮と葉っぱが焦げたこと。

ラーメンが不味すぎたこと。

それでもいつだって青空と海は格別に美しかったこと。



あのホームステイ以来、英語学習に対する意欲と自信をすっかり失ってしまったカボタン。

社会人(社会野菜)になっても、英語教材には見向きもしませんでした。


(でも、あの時感じたカルチャーショックなんて、ブラック畑のキチガイぶりに比べたら可愛い子羊みたいなもんだわ…)


カボタンは掃除を中断し、スマホを取り出しました。

そして手当たり次第にアプリをダウンロードして、世界中の農産物達とチャットをしてみることにしました。



(続く)

外資かぼちゃばなし 3

~前回までのあらすじ~

カボ太郎の策略にまんまとハマって悔しい思いをしたカボタンですが、美容院に行くことで気を紛らすことにしました。



今日はカボタンにとって久々の美容院です。

ブラック畑で働いていた頃は、美容にかける時間も皆無だったので、妙に美意識の高いトウモロコシ女にも

「カボタンさん、何その顔!ボロッボロ!もうボロッボロですよー!笑」

と嫌味を言われる始末でした。

しかしブラック畑を辞めてからのカボタンは、高度経済成長期並みの勢いで健康を取り戻し、すっかり萎んでいたフォルムも順調に膨らみ始めていました。


カランコロン…

「いらっしゃいませー」

「お、お、オゥフ…お願いします…ドゥフ」


しかし美容院が苦手なカボタン。イケメン美容師が目の前に現れ、急に挙動不審になるのでした。


「今日はどんな感じにします~?」


突発性のコミュ障に罹ったカボタンは、なんとか勇気を振り絞って、映画『しあわせのパン』に出演する原田知世の髪型をイケメン美容師にオーダーするのでした。

かぼちゃに髪が生えているのかどうかは置いといて、イケメン美容師は「OK牧場!」とウインクをしながら快くカボタンの要望を引き受けました。

なんとかオーダーを済ませて安堵したカボタンは、カットの最中にうっかりウトウトしてしまいました。

そして、ふと目が覚めて鏡を見た瞬間、カボタンは唖然としました。



そこには変わり果てたかぼちゃ…否、キノコのような物体が映っていたのです。



「こ…これは…」

「あ、どうです?可愛いでしょ?こんな感じで良いですかぁ?」

「……ァ、ハィ」


カボタンは見事なまでにマッシュルームカットされた自分の頭を直視できず、蚊の鳴くような声で返事をしました。


(こんな姿じゃ外出できないな…)


しばらく野菜ではなく菌類として過ごすことを覚悟したカボタンは、外資系畑に入畑するまでの間、じめじとした温室に引きこもり、ひたすらネットサーフィンをして過ごすのでした。


しかし、この一見怠惰な引きこもり&ネットサーフィンが、後にカボタンの人生(野菜生)を大きな大きな転換期へと誘うことになるとは、このときの彼女は1ミリたりとも想像していませんでした。


(続く)

外資かぼちゃばなし 2

~前回までのあらすじ~

ブラック畑から解放されて、ストレスフリーなスローライフを満喫していたかぼちゃのカボタン。ある朝、突如として電話がかかってきました。



「はい、もしもし。カボタンです」

「あ、俺だけど」

「…オレオレ詐欺ですか?」

「違うってば!俺、カボ太郎!」

「ああ!カボ太郎か…」


原田知世になるべくスローライフ謳歌しすぎていたカボタンは、彼氏のカボ太郎のことをすっかり忘れていました。

カボ太郎とはカボタンの転畑活動中に気まずくなって以来(日本かぼちゃばなし 7 参照)ロクに話もしていなかったのです。


「今日ヒマ?」

「あ、ごめん。私今忙しくて。あと、ちょっと申し訳ないんだけど…」

「何?」

「私達、別れよう?」

「…は?」

「いやだから、別れよう?」

「いやいやいや、なんで?!」


突然のことに、カボ太郎は動揺を隠しきれませんでした。


「だって私達、性格(性質)合わないもん」

「そ、そんな…とりあえず直接話し合おうぜ?」

「うん、いいよ」


その後間もなくして、カボ太郎はかぼちゃの馬車に乗ってカボタンに会いにやってきました。

カボ太郎は開口一番から泣き始めました。


「うっ…うっ…なんでだよぅ。いきなり別れるだなんて…1年も付き合った仲なのに…」

「うーん…1年っていっても、月1回か2回しか会ってないよね?だから実質2週間ぐらいじゃない?」

「もう一度だけチャンスをくれないか?な?またやり直そう?」

「…そこまで言うなら、分かった。もっかいやり直してみるか」


カボタンはカボ太郎の泣き落としにアッサリ折れました。

実はカボタン、男野菜の涙(汁)に弱いのです。




その翌朝、カボ太郎から電話がかかってきました。


「はい、もしもし。カボタンです」

「あ、カボタン?元気?」

「うん、まあまあ」

「あのさ~申し訳ないんだけど、やっぱり俺達、別れようぜ?」


カボ太郎の口から出た思いもよらぬ言葉に、カボタンは耳を疑いました。そして、彼の声は何故かハツラツとしていました。


「…は?昨日のは何だったの?」

「いや~やっぱりさ、俺達気が合わないなーと思ってさ」

「…それ、私が先に言ったよね?」

「お前さ、たまに男野菜のプライド傷つけるんだよね」


カボタンは呆れて言葉が出ませんでした。


(こ、こいつ…自分が振られた事が気に食わないからって…)


カボ太郎の言動は、まるで振られた立場を振る立場に塗り替えるための策略のようでした。

負け犬の遠吠えならぬ、負け犬の下剋上

必殺☆偽装復縁&別れ話返し。


「まあ、そんなに落ち込むなよ」

「いや、落ち込んでねーから」

「お前には他にもっと良い野菜がいるって!」

「人(野菜)の話聞いてる?」

「幸せになれよ!いつか誰かと結婚(受粉)できると良いな!じゃあな!」

カボ太郎は勝ち誇ったようにそう言い放ち、電話を切りました。


(こんなプライドの高い野菜野郎なんて、もう懲り懲りだわ…)


カボタンはせっかくのスローライフが台無しになったことを一瞬嘆きましたが、すぐさま気を取り直して美容院を予約するのでした。


(続く)

外資かぼちゃばなし 1

むかしむかしあるところに、悪の組織ブラック企業(畑)からの脱出(日本かぼちゃばなし 1最終回 参照)に成功したかぼちゃがいました。彼女の名前はカボタン。

カボタンはこの貴重な経験により一皮剥け、緩んでいた頭のネジ(種)がキュキュッと締まるのでした。



チュンチュン…チュンチュン…

小鳥達のさえずりと窓から差し込む優しい朝日で、カボタンは自然と目(芽)が覚めました。

清々しい朝です。

カボタンは庭に出て、思いっきり深呼吸(深蒸散)をしました。

「ふああぁ~今日も良く寝たなぁ」


カボタンがあのブラック畑から解放されてから、数日が経っていました。

転職先(転畑先)の外資系畑に入社(入畑)するまで、まだあと1ヵ月はあります。

カボタンはこの数日間、あまりにも自由で、健康的で、ストレスフリーな時間を持て余していました。

それはまるで、リンネルと原田知世無印良品の世界観を足しっぱなしにしたような日常でした。


(あの時の悪夢がまるで遠い昔の出来事のようだわ…)


カボタンはゆったりとアイリッシュ音楽を聞きながら、ハーブティーをすすり(吸収し)ました。今朝の朝食は、無添加肥料を贅沢に使ったスープです。


プルルルルル…プルルルルル…


その時、カボタンの携帯電話が鳴りました。


(続く)

インド滞在記

f:id:pumpkindevil:20190919215620j:plain

人生初のインド旅行。
2週間の滞在で私が体験したこと。



~空港にて~

入国審査カウンターが分からずキョロキョロしていたら、どこからともなく男性スタッフ4~5人がわらわらと集まってきて、皆一斉に話しかけてきた。

「どうした?」「どこ行くんだ?」「おい大丈夫か?」「デリーで滞在するのか?」「乗り換えか?」「どうした?」「チケットあるか?」「お前一人か?」「どうした?」「何してる?」「荷物はこれで全部か?」「おいどうした?」

皆で助けようとしてくれた。インド人は優しいなと感じた。



~駅にて~

f:id:pumpkindevil:20190919220306j:plain

駅に到着した瞬間、ギラギラした目つきのおっさん達から一斉に視線を浴びた。何度も「タクシー?タクシー?」と声をかけられたが、事前に『地球の歩き方』を読んで何度もシミュレーションしていた私にとっては想定の範囲内。ここはガン無視でスルー。



~ショッピングモールにて~

f:id:pumpkindevil:20190920120701j:plain

店で服を選んでいると、どこからともなく男性スタッフ4~5人がわらわらと集まってきて、遠慮気味にヒンディー語で話しかけてきた。

彼らが何を言っているのかはあまり理解できなかったが、商品を押し売りするわけでもなく、私好みのデザインを聞いて一緒に探してくれたり、「これどう?」って満面の笑顔でオススメしてくれたりした。

私が「うーん…ちょっと好みじゃないなー」っていう反応したら、あからさまにショボーン(´・ω・`)って顔してて可愛いかった。

インド人は人懐っこいなと感じた。



~色んな動物&虫(私の体感データ)~

f:id:pumpkindevil:20190919222438j:plain

・道路で見かける牛の数:約20~30頭/1日あたり
・気づいたら家の前に牛がいる確率:15%
・駅のホームで野良犬に遭遇する確率:100%
・ヤモリの大きさ:約15cm~25cm
・アリの大きさ:日本の約1.5~2倍
・蚊のしぶとさ:日本の約30倍



~インドの食生活~

f:id:pumpkindevil:20190920120008j:plain

※写真はホームステイ先のマミー(お母さん)お手製のチキンカレー。数時間前まで生きていた超フレッシュな鶏を使用している。


7:30 軽食。チャイとお菓子

9:00 朝食。チャパティ or ライス、カレー2種類、デザート

13:45 昼食。チャパティ or パラタ、カレー3種類、デザート

17:00 チャイとお菓子

18:30 軽食。ホットサンド

21:00 夕食。チャパティ or パラタ or プリー、ライス、カレー3種類、デザート


マミーの料理の腕前は、レストランを開けるんじゃないかと思うほどだった。彼女は昔、家族のために1日あたり60~70枚のチャパティを焼いていたんだとか。なるほど、手際の良さがプロ並みである。作り置きをせず、毎回できたてホヤホヤの料理を振る舞ってくれた。

おかげで私の体重は2週間で2キロ以上増えた。

聞くところによると、インドのマミー達は皆、毎日これくらい料理ができて当たり前らしい。