かぼちゃの悪魔

この物語がフィクションであるのか、実在の人物・団体と関係あるのかどうかはご想像におまかせします。

外資かぼちゃ話 15

~前回までのあらすじ~

明晰夢の中で不思議な声の主と会話をしたカボタン。しかし目が覚めると、夢の内容はすっかり忘れてしまうのでした。どうやら今回も外資系の話をするつもりは毛頭無いようですね。



「あー…アカン。なんかまた無性にインドカレー食いたいわ」


カボタンは最近、何故か気が狂ったようにインドカレーを欲していました。

外資系とはいえ畑の底辺に属しているカボタンにとって(外資かぼちゃばなし 8参照)頻繁に外食するのは経済的に厳しいものがあります。

カボタンはとうとうレシピ本とスパイスを購入し、本格的にカレーを自作するようになりました。

スパイスの効果で血流(汁流)も良くなり、引きこもりがちだったカボタンは少しずつ活発になりました。心なしか考え方もポジティブになってきたようです。


(あ、そういえば。英語やろうとしてたんだっけ。でも参考書だけじゃ前みたいに眠くなるし、スパイスみたいに何か刺激が欲しいなぁ)


『チャット…』


「えっ?」


誰かの声が聞こえたような気がして、カボタンは周りをキョロキョロと見渡しました。

幽霊や怖い話が大の苦手だったカボタンは、その声を空耳だと思い込むことにしました。

そしておもむろに以前使っていたチャットアプリ(外資かぼちゃばなし 5参照)を開き、ランダムチャットを再開することにしました。


「えーっと…Hi, where are you from?っと…」


つたない英語で外国産の農産物達と一日中チャットを繰り返していたカボタンは、徐々に異変を感じ始めました。


(あれ…?今日はやたらとインド産が多いような…気のせいかな?)


以前は色んな産地の変態的な農産物達とランダムに繋がっていたのに…

仮にこの主人公をKさんとしておきましょうか。

よ~く見ると、何やら今日はインド産ばかりとチャットが繋がる。

これは多分絶対、この世のモノじゃない奴に仕組まれてる。

変だなー、変だなー、おかしいなー。

カタカタカタ…カタカタカタ…


(それにしてもインド産の農産物ってなんで皆エンジニアを名乗るんだろう?しかも皆めちゃくちゃフレンドリーだし、下ネタとかも全然言ってこないし…)


カボタンはインド産農産物達の人柄(銘柄)に好感を持ち始めました。そして、チャットで知り合ったいくつかのインド産達と連絡先を交換することになりました。

連絡先を交換するとすぐ、彼らから沢山の自撮り写真が送られてきたので、カボタンは驚き戸惑いました。


「ちょ、ちょっと待って」


カボタンは目(芽)を丸くしました。


「なんか見事に髪型全員リーゼントなんだけど」



(続く)

外資かぼちゃばなし 14

~前回までのあらすじ~

外国産農産物達の前でウジウジしてしまう自分が情けなくなったカボタンは、心機一転、グローバル人材(野菜)になる決意を固めました。



「よーし、やるぞ~!」


カボタンは畑から帰宅後に早速、高校時代に使っていた英語の参考書を引っ張り出し、最初の1ページをめくりました。

すると大量の英文が目(芽)に飛び込んできたので、カボタンは少し眩暈がしました。

気を取り直して読解を試みましたが、わずか3行目で急にカボタンを睡魔が襲いました。


(あれ…?おかしいな…こんな時間に眠くなる…なん…te…)



パアァァ……



カボタンは、いつの間にか明るい野原にいました。

小川のせせらぎと小鳥達のさえずりが聞こえ、心地の良い風がカボタンの顔を撫でました。


「これはもしや…夢?」


カボタンは何故か、妙な全能感に満ち溢れていました。


「あ、また例のあれか…」


実のところカボタンは昔から、自分が夢を見ていることを自覚しながら見る夢(明晰夢)をよく見る野菜でした。


「ラッキー!ここなら自分の好き勝手できるな。よし、今日もBrunoとデートしようっと」


明晰夢を見るときはいつも、大好きなミュージシャンのBruno Marsとキャッキャウフフしていたカボタン。

しかし、いつもならどこからともなく爽やかスマイルで駆けつけてくれるBrunoの姿が、今日はいくら探しても見当たりません。


「Brunooo!出ておいで私のBruunooooooo!Youは今どこにいるのー?」


あのリーゼントヘアーのイケメンは、一体どこにいるのでしょう。

カボタンがいくら叫んでも、野原は果てしなく広がるばかり。愛しのBrunoはいっこうに現れません。

カボタンは叫ぶのをやめ、大きな溜め息をつきました。


『カボタンさん』

「だ、誰?!」


突如として女性の声がしたので、カボタンは飛び上がりました。それに合わせて花びらがふわふわと舞い上がりました。


『カボタンさん、聞こえますか?私はあなたの心に直接語りかけています』

「いやお前誰だよ」


声の主がBruno Marsではなかったので、カボタンは少しふてくされてしまいました。


『私は別次元にいるもう一人のあなたです』

「ベタな展開だな」

『まあまあ。そんな顔しないで。私はいつもあなたを見ていましたよ。嬉しいときも、悲しいときも、辛いときも、悔しいときも、重量が増えたときも、髪型に失敗したときも、ずっと…』

「見てたんなら助けてよ」


カボタンはこの異常な状況下にも関わらず、得体の知れない声の主にツッコミを入れました。


『ごめんなさい。私はあなたを遠くから見守ることしかできないのです』

「なんで?」

『それは…』

「ねぇ、なんで?」

『それは…えーっと…なんでだっけ?』

「…」

『ごめんなさい。実はついこの間マニュアルを紛失したばかりで。えーっと…』ゴソゴソ…

「別次元のもう一人の私とやらも相当ドジだな」


カボタンはまた大きな溜め息をつきました。


『こらこら、溜め息ばかりついてたら幸せが逃げて行っちゃうぞ☆』

「キャラ変えてごまかそうとしても無駄」

『…』

「で?何か私に用?」

『あ、そうそう。君がもうすぐ人生(野菜生)の大きな転換期を迎えるから、ちょっと教えに来てやったんだよ』

「なんか急に口調変わったな」

『まあ聞きなって。君がこの後現実世界でBruno Marsに近い系統のイケメンと出逢えるように、私がちょっと手ぇ回しといたから』

「えっ?!ちょ、マジで?!超嬉しい!」

『フフフ…感謝したまえ』

「あれ?でもさっき、助けるのは無理って…」

『うん、物理的には無理。でも目に見えない部分はちょっといじれるんだよ。電波とか磁場とか、潜在意識とかね。ただ、出逢い方がちょっと特殊になるから勘弁な』

「Bruno Marsみたいなイケメンに出逢えるならもう何でもいいよ!」

『はぁ…君は本当に単純だな。ちょっとワケあって色々と苦労すると思うけど、まあ何とかなるでしょう。あと補足だけど、君、カレー作る練習しといた方が良いよ』

「は?カレー?なんで?」

『なんででも!これ以上の情報は禁則事項なの!それじゃ、私そろそろ向こうの世界に帰るわ』

「えー!もっと話聞かせてよー!」

てよー!

よー…!

…!



ジリリリリリリリ…ジリリリリリリリ…


「はっ!!」


カボタンが目を覚ますと、窓の外はすっかり朝になっていました。


起きた瞬間に夢の内容をすっかり忘れてしまったカボタンですが、その日の晩は何故か無性にカレーが食べたくなるのでした。



(続く)

不器用な君へ

f:id:pumpkindevil:20200121115137j:plain


ーーー君は今、




君は今、教師に「日直の当番を忘れた」という理由で思い切り腕をねじ上げられて、無理矢理廊下に連れ出されているところだね。

その教師に「当番をやりたくないなんてワガママはいけません!」と大声で注意されて、驚いて泣いているようだね。


ああ、そうか。


君はまだ、小学生なんだね。


そういえば君は、幼い頃から極度の人見知りで、人から誤解されたり理不尽な事で怒鳴られたりしても、何も言い返すことができずにいたね。






君は今、虐めにあっているね。

必死になって探していたノートを、ついさっきトイレ横のゴミ箱から拾ったところだね。


ああ、そうか。


君はまだ、中学生なんだね。


そういえば君は、幼い頃から負けず嫌いで、人から嫌がらせを受けても、じっと一人で我慢してきたね。






君は今、虐めに参加しているね。

仲良しのお友達に「あの子のこと無視しようよ」と誘われて、断れなかったみたいだね。


ああ、そうか。


君はまだ、高校生なんだね。


そういえば君は、幼い頃から周りに流されやすくて、臆病で、自分を守るのに必死だったね。






君は今、バイト先の調理長に「挨拶がなっていない」という理由で目を付けられて、怒鳴られているところだね。

その調理長にキッチン鋏を投げつけられたりして、目に涙を浮かべながら怯えているようだね。


ああ、そうか。


君はまだ、大学生なんだね。


そういえば君は、幼い頃から声が小さくて、ボソボソと話すことしかできなくて、色んな人達から注意されたり、からかわれたりしてきたね。






君は今、職場で酷いパワハラにあっているね。

サービス出勤を強いられた朝に自動車事故を起こして、とても落ち込んでいるね。


ああ、そうか。


君はまだ、社会人一年目なんだね。


そういえば君は、幼い頃から注意力が散漫で、よく転んでは怪我をしていたね。










君は今、生きるのが辛くて辛くてしょうがないみたいだね。

一瞬、この世を去ってしまおうかと思い立って、そんな恐ろしいことを想像してしまう自分がもっと恐ろしくて、一日中泣いているようだね。


ああ、そうか。


君はまだ、自分がこれから先どれだけ素敵な人達に出逢い、どれだけ素晴らしい経験をしていくのか、知らないようだね。










君は今、最高のパートナーに出逢ったね。


ああ、そうか。


君はまだ、知らないようだね。

二人でこれから先どれだけ幸せな未来を歩んで行くのかを。






(不器用な君へ おわり)

外資かぼちゃばなし 13

~前回までのあらすじ~

アボカディーに誘われて国際交流フェスティバルに参加したカボタンは、外国産農産物の多さに圧倒されてチビりそうになりましたが、何とかチビらずに済みました。そしてこのブログのペースが落ちていることに何となく気付いていましたが、気付かないふりをしました。



インドネシアコリアンダーのコリアンと挨拶を交わしたカボタンは、彼女の気さくな人柄(銘柄)に安心し、少しだけ緊張がほぐれました。

しかし、ボランティア活動で多忙なコリアンは、すぐに別の場所へ移動してしまいました。


産地ごとにブースが設けられた会場では、英語を中心に様々な言語が飛び交っていましたが、カボタンは皆が話している言葉が全く分からず、すっかり萎縮してしまいました。


「カボタンちゃん、大丈夫?まだ緊張してるのー?」


カボタンはアボカディーの後ろで干し柿のように小さくなっていました。


「ごめんアボちゃん…私、知らない外国産農産物に話しかけるなんて無理だわ。何話せば良いか分からないし、そもそも英語が話せないし…」


そう言いながらウジウジするカボタンを見て、アボカディーはきょとんとした顔をしました。


「そっかー?じゃあお腹空いたし、サイゼリヤでも行くー?」


その一言に救われたカボタンは、首がもげるほど頷きました。



その後、サイゼリヤでアボカディーと楽しい時間を過ごしたカボタンでしたが、帰る途中で今日のウジウジした自分の姿を思い出し、何ともいえないモヤモヤ感が残るのでした。


(これは、どげんかせんといかん…)


突如として降りてきた東国原英夫を瞬時に振り払い、カボタンは脳内(種内)にスケバン刑事を召喚しました。


(鷹の羽学園2年B組カボタン、またの名はスケバン刑事!!

スケバンまで張ったこのカボタンが、何の因果か落ちぶれて今じゃ畑の手先。

笑いたければ笑うがいいさ…

だがな!!こんな劣等感はもうウンザリや!!

今からでも英語ペラペラになって、グローバルかぼちゃになって、今までアタイを虐めてきた奴ら全員、見返したる…

おまんら、許さんぜよ!!)



カボタンは自分を奮い立たせ、新たな挑戦を始めるのでした。



(続く)

外資かぼちゃばなし 12

~前回までのあらすじ~

ダンスパーティーの打ち上げをきっかけにスリランカ産アボカドのドーナー・パビットラー・アボカディー・ドッサナーヤカと仲良くなったカボタンは、ドーナー・パビットラー・アボカディー・ドッサナーヤカの太陽のように明るい人柄(銘柄)に影響を受けてどんどん元気になり、仕事の悩みも忘れ、ドーナー・パビットラー・アボカディー・ドッサナーヤカとよく出かけるようになりました。



「カボタンちゃん、今から国際交流フェスティバルに行ける?色んな産地の農産物に会えるョ。私の友達も紹介したいョ」


祖父母の家でゴロゴロしていたカボタンは、突然アボカディーから電話を受けました。


「え、何それ楽しそう。何時までやってるの?」

「午後4時!だから早く行かなきゃなの。もうすぐ終わっちゃうョ」

「え!?ちょ、あと2時間しかないじゃん!(笑)早く言ってよー。待ってて、40秒で支度するわ」

「そだよネーごめんネー待ってる」


アボカディーからの誘いはいつも突然でしたが、既にこのパターンに慣れていたカボタンは、ムスカに誘拐されたシータを助けに行くパズー並みのスピードで支度を済ませ、早々にイベント会場へと向かいました。



アボカディーと合流してイベント会場に到着すると、そこはまるで異国でした。


「アボちゃん…これは……」


会場にいる外国産農産物の多さに圧倒されたカボタンは、言葉を失いました。


「ねー、意外デショー?この地域にも外国産農産物はたくさんいるんだョ」

「そっか…こんな田舎にも外国産がこんなにいるんだね。日本じゃないみたいだ…なんか緊張してきた…」

「えー全然大丈夫。緊張しなくて良いョ」


そう言ってずんずん会場の奥に進んで行ったアボカディーは、早速友人らしき農産物に声をかけられ、親しげに肩を組んで流暢な英語で会話を始めました。

その様子を少し遠くから眺めていたカボタンは、そわそわしながら辺りを見渡しました。

大勢の人前(農産物前)に出るのが苦手なカボタンは、手(つる)に汗(汁)が滲んでくるのを感じました。


「あ、コリアンちゃーん!コッチ、コッチ!」


アボカディーにコリアンと呼ばれたその農産物は、何故かご当地マスコットの着ぐるみを着ていました。


「あ!アボーちゃん」トテトテ…

「コリアンちゃん、何それ?!」

「ゴ、ゴメン!この着ぐるみ、歩幅がめっちゃ小さいの!」トテトテ…

「コリアンちゃん、聞こえるー?ちゃんと私達の顔、見えるー?」

「うん、なんとか!」トテトテ…


流暢な日本語で展開されるそのやり取りが微笑ましかったので、カボタンは奇妙なご当地マスコットに挨拶をしました。


「初めまして!日本産かぼちゃのカボタンです!」

「あ、初めまして!私、インドネシアコリアンダーの、コリアンです!」トテトテ…


マスコットの無表情な顔に似合わないハツラツとした声が、内部から聞こえてきました。


「ちょっともう、これ脱ぐー!」


声の主はそう言うと、すぐに着ぐるみを脱ぎ捨てました。

カボタンの目(芽)の前に、小柄で黒髪ストレートの可愛らしい野菜少女が姿を現しました。



(続く)

外資かぼちゃばなし 11

~前回までのあらすじ~

母校のダンスパーティーに参加したカボタンは、会場で異国感溢れるスリランカ産の果物、アボカド女性と出逢うのでした。



「カンパーイ!」


パーティー後の打ち上げに参加することにしたカボタンは、くじ引きで割り当てられた席に座りました。偶然にも、アボカド女性はカボタンの斜め前に座っていました。

彼女にニッコリ微笑みかけられたカボタンは、少しドキドキしながら、ルー大柴よりも酷い英語でアボカド女性に話しかけました。


「ハ、ハロー!マイネームイズ日本産かぼちゃのカボタンです。ナ、ナイストゥーミーチュー」

「コニチハ!ワタシはスリランカ産アボカドの、ドーナー・パビットラー・アボカディー・ドッサナーヤカです」

「えっ?ドーナー…えっ?」


唐突に彼女から発せられた呪文のような名前に、カボタンは戸惑いました。


「ドーナー・パビットラー・アボカディー・ドッサナーヤカです」

「ズルリトレスタットナセセロタパンシュカドゥンドゥンドゥン…??」

「何それ全然違うじゃーん(笑)」

「ハハハ、冗談だよ。これはフォークダンスの曲名」

「パビットラー・アボカディーがワタシのファーストネームです」

「それでも長いな!もう、アボちゃんって呼んで良い?」

「うん、ハハハ!皆スリランカ農産物の名前は長いって驚くから大丈夫ョ!呼び方は何でも良いョ!」

「ありがとう!」



カボタンは彼女のフルネームを覚えるのに10日間ほどかかりました。

その後もアボカディーの純朴な笑顔と人柄(銘柄)に惹かれたカボタンは、彼女とあっという間に打ち解けるのでした。


「アボちゃんは日本語が凄く上手だよね」

「うん、日本語大好き!勉強面白い!スリランカでは日本語めっちゃ人気!」

「へえ!そうなんだー、偉いなぁ。何年くらい勉強してるの?」

「ワタシはスリランカで3年勉強したョ!常用漢字もだいたい読める」

「えっ…!3年でそんなに上手くなるの?!凄いな…私なんて中学高校の6年間英語やってても全然上手くならなかったよ…」

「えーナンデ?」

「何でだろうねー。先生が日本産だからかな?」

「ナルホドねー。スリランカも日本語学習者の数に対して日本産の日本語教師の数が足りてないから、需要と供給が全然マッチしてないョ」

「アボちゃん完全に日本語使いこなしとるな…尊敬するわ」

「まだ全然ダメ。助詞の使い方が難しい。カボタンちゃん、ワタシの日本語の先生になってョ」

「うん!オーケーオーケー、いつでもウェルカムよ」


こうしてカボタンはアボカディーに日本語を教えつつ、毎週のように一緒に出かけるのでした。


最近仕事のことで落ち込んでいたカボタンでしたが、アボカディーの天真爛漫でおおらかな銘柄に影響され、狭い世界で生きる自分の悩みが徐々にクソどうでも良くなるのでした。



(続く)

外資かぼちゃばなし 10

~前回までのあらすじ~

外資系畑で働き始めて数ヶ月。劣等感に苛まれたカボタンは、ふと過去の淡い恋を思い出し、感傷にふけるのでした。



ラインッ♪


(…ん?何だ?)


それは毎年母校のサークルで行われているダンスパーティーの招待文でした。


(パーティーの季節か…またあの懐かしいメンバーに会えるかなぁ…)


カボタンは少しでも沈んだ気分を晴らしたかったので、すぐさま出席の返信をするのでした。




ダンスパーティー当日。

カボタンは朝からせっせと皮にコーンスターチを塗り、髪(かぼちゃに髪があるのかどうかは置いておくのです)をブローし、お気に入りのワンピース(かぼちゃがワンピースを着るのかどうかは置いt…)を着て会場に向かいました。


母校のダンスパーティーには毎年のように参加しているにも関わらず、卒業した後に顔を出す微妙な緊張感は、いつになっても慣れませんでした。

洗い場の鏡で最終チェックを済ませたカボタンが会場の中へ入ると、そこには懐かしい顔ぶれが勢揃いしていました。


「あ、カボタンちゃん!久しぶり~髪切った?可愛い~」

「カボタンちゃん、遅いよー!」

「あ、カボタンさん、お疲れ様です」


顔馴染みの同期や先輩、後輩に声をかけられてホッとしたカボタンは、満面の笑みでメンバーとの久々の再会を喜ぶのでした。


「ゴメンゴメン、寝坊しちゃって☆」


いいえ。早朝に起床したにも関わらず、メイクや髪型に納得がいかずに準備が間に合わなかっただけです。


ダンスそっちのけで懐かしいメンバーとの談笑に花が咲くカボタンでしたが、ふと、部屋の隅にちょこんと座る女性が視界に入りました。


長いウェーブのかかった黒髪、長い睫毛と大きなクリクリとした目(芽)、真っ白で綺麗に整った歯。

その姿は明らかに日本産の農産物ではありませんでした。


「ねぇ、あそこにいる野菜?果物?は誰?」

「あぁ、スリランカ産の果物だってさ。アボカドだったかな?1年間だけ短期留学で日本に来てるらしいよ。名前は確か、ア…アボ……?ゴメン名前長くて忘れちゃった」

「ふーん、アボカドか…珍しいね」


カボタンは異国感溢れる彼女に強烈な興味を抱きましたが、パーティー中は話しかけることができず、そのままお開きになってしまいました。


「カボタンちゃん、この後打ち上げ行く?あのアボカドさんも行くみたいなんだけど」

「行く!!」


この機会を逃してはならぬ、カボタンは直感的にそう感じました。




このアボカド女性との出逢いによって、カボタンの人生(野菜生)は斜め上の方向へと展開していくのでした。


それはそれは楽しい未知の世界へ…



(続く)